二兎を追って色々無くした恋愛

今まで恋愛をした相手の中でふったふられたで結婚をした今でもふと思い出し未だに勿体ない事をしたもんだと思いだす人間が二人いる。

一人は年上の女性で自分が大学生だった頃に先輩の紹介で知り合ったOL、学生の浮かれた気持ちでもっと遊びたいとかもっと色んな女性を知りたいというくだらない欲に取り付かれ振ってしまった。

もう一人は、それから5,6年後に知り合う女性なのだが、今度は立場が逆転、自分が社会人で相手は医学生。

音楽好きが集まる日曜日の集まりで知り合い、毎週のその会で顔を合わせ世間話位をする仲だったのだが、なんとなく気にはなっていたし、少し彼女の方から遠まわしなアプローチを頂戴している様な気配はしていた。

ただ、その時、自分としてはセックスフレンドぐらいにしか見てはいないが相手としては彼氏として考えている女性との関係が自分の方にはあり、会うという状況としては自分が遊びたい時に連絡する位だったが、全てにおいて自分の好みでは無かったために事ある度に友人に愚痴と言うか相談と言おうか、そんなよくわからない話をしていた。

そんな状況で、日曜日の会の先輩の提案で飲み会が開かれることになり、メンバーも男女3対3のカラオケに行くことになった。

自分が気になる女の子も参加する事になっていて内心は凄くうれしかった。

飲み会ではその子は酔っ払っているのか、酔っているふりなのかは解らなかったけれど、始まって一時間後位から自分の隣に座り甘えに来てしまい、つい自分もそれに乗せられて気が付けばホテルで燃える一晩を過ごしてしまった。

その後は2,3回と平日に遊ぶ事はあったのだが、その一夜から好きという物の度合いが彼女より自分の方が強くなってしまい何とか自分の物にしたいと思って行動をしたのだが、
全てが空回りとなり挙句に彼女を傷付けることまでしてしまった。

そんな訳で、気が付けば自然消滅の様な形で自分の恋が終わり、彼女に夢中になっている間にほったらかしていたセックスフレンドも他の男を作っていた。

今でも、もう少し気の利いた気配りや優しさとかがあれば違う方向があったのだろうと後悔をしてしまう時がある。

カテゴリー: 二兎を追って色々無くした恋愛   パーマリンク