10才年上の彼に告白したけど玉砕しました

直属の上司として彼が赴任してきたのは、雪が降り始めた1月の事でした。
当時私は26才で、彼は10才年上の36才。
離婚歴があり、現在は独身だという事は転勤してきてすぐの歓迎会で知る事となりました。
支店の立て直しのために送り込まれてきた彼は、大変に仕事熱心なだけではなく、ユーモアと明るい職場の
雰囲気作りに長けた人で、こちらに来てすぐに人気者になりました。
私達のような年下の女性からの受けがよいだけではなく、彼よりかなり年上の女性社員の方からも慕われて
いた事から、本当に人徳のある人なのだと思います。
そんな彼が直近の上司だった事で、私は仕事での接点が多くなり、彼に惹かれて行くのにそれほど時間は掛
からなかったと思います。
残業や打ち上げで仕事以外の事もよく話すようになり、ある時は酔っていた勢いもあったのかも知れません
が、私のような容姿が好みのタイプだと打ち明けられた事もありました。
そこで私は一気に舞い上がってしまい、さらに彼にのめりこんでいったのです。
そして、彼が転勤してきてから半年ほど経ったある日、私は彼の誕生日の日に自分の気持ちを告白しました。
その頃のは周囲からも「彼があなたの事が気に入っているようね」と言われていたので、正直上手くいくか
も知れないといった期待もそれなりに大きかったのです。
しかし実際には振られてしまいました。
「ごめん」と頭を下げた彼に言われた事は「別れた奥さんに君が似ていて、思わずあれこれ気を持たせるよ
うな事をしてしまった。だけど僕は今でも前の奥さんを愛している」という事でした。

カテゴリー: 10才年上の彼に告白したけど玉砕しました   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>