駅から先は一人で家まで

大学時代に好きだった人、サークルの仲間でなんとなく彼も私の事を好きなのかななんて思っていました。彼を好きなことは自分の心の中だけにとどめておきました。
仲間としていい関係でいるので、ここで好きだと告白して、ふられてしまったらこのいい関係が終わってしまうのもいやだと思っていたので、なかなか告白はできませんでした。
それに私は超オクテだったので。そんな彼と大学の仲間、サークルの仲間として2年が過ぎました。新しい新入生が入った頃、私の知らないところで彼は同じサークルの女の子に猛アタックを受けていたようです。その頃私はサークルの仲間で同郷の男の子と仲良くしていました。この子もいいかななんてチラっと思ったところに、彼から告白されましたが、私も好きだけど、誰誰も好きとの告白。とっさに私はその子ににすればと言いました。一気に冷めた瞬間です。しかし時すでに遅し、そんなこんなしているのがサークルの仲間には噂になり、それを私が好きな彼が耳にしたのか、後輩の猛アタックを受け入れ二人は付き合い始めてしまいました。私が別の人ともたもたしている間に。でもやっぱり彼が好きでした。彼と後輩が付き合い始めて初のサークルの飲み会。彼の隣には彼女がしっかり座っていました。彼女は寮なので門限があり1次会で帰る事に、私も帰る事になり3人で駅まで歩きました。彼女は駅から電車、彼と私は同じ方向に歩くはずだったのに、彼の足は駅で止まりました。私は夜道一人で帰りました。私が失恋を確信した瞬間です。それから1時間くらい経ったころでしょうか。彼から電話があり、一人で帰り道大丈夫だったかと。涙が出ました。

カテゴリー: 駅から先は一人で家まで   パーマリンク