思い切って告白したけど失恋した話

私は専門学校の時に知り合いになった男の人がいました。友達に紹介された遊び仲間の一人だったのですが、遊んでいる内に結構がっつり好きになっていました。意識しだしてからは、もう近くにいるだけでドキドキしてしまって、思わず好きなことがバレないようにと冷たくしてしまったこともあったかもしれません。結構恋愛に不器用だったので相手にうまく自分の好意を見せることができませんでした。
でもそれを友達に言い当てられて、その人が好きなことがバレました。最初は違うと反論していたのですが、ごまかすことはできずにしゃべってしまいました。友達にバレたのがきっかけになったのか、私は腹をくくって彼にアタックすることに決めました。このままいじいじしていても何もないので、それなら頑張って自分をアピールしてみようと思いました。
でもその時はすでに私は遅かったらしいです。実は彼にはすでに別に好きな人がいて、それは私の友達でした。友達は全く彼にそういう好意は持っていなかったので、結ばれることはなかったのですが、それを聞いたときは本当にショックでした。彼もすごく分かりにくい人で友達のことが好きなんて感じは微塵もなかったのに、私が告白したときにそう言われてしまいました。
失恋の日は泣くに泣いて悲しかったです。私のライバルである友達には絶対に言えなかったですし、本当にどこにも当たれなくてひたすら泣きました。泣いていたら段々気持ちがすっきりしてきて数か月後には彼と友達として接するようになりました。悲しかったけど告白したことは後悔していません。でも今でもたまにこの人のことを思い出します。

カテゴリー: 思い切って告白したけど失恋した話   パーマリンク